大好きだった彼女との恋が終わって、ずっと落ち込んでいた時がありました。

まだまだ失恋の免疫も少なかった19歳の頃でした。
他にもいい人はたくさんいるってことに気づけなかったヒヨっ子でした。

つらい気持ちに負けそうで、もう死にたいとすら思っていたあの頃。あの時、誤った道に進まなくて本当に良かった。死にたいと思うほどのつらさはあったけれど、あの失恋は私にとって必要なものだったと後になって思います。

必要なことしか人生には起こらない。

振り返ってみると、全て本当に必要だったからこそ起こった出来事だったとわかります。でもその渦中にいる間はなかなか気づけないもの。

こうしたつらい経験があって、やっとこうした思いができるようになったと思います。